腰痛治療本文へスキップ

腰痛治療 女性 腰痛

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-225-6181

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

女性の腰痛Female lumbago

女性で腰痛に悩まされている方が多いのではないでしょうか? 女性の腰痛は女性が自覚している症状の中では肩こりについで二番目に多い症状になります。これだけ女性は腰痛で悩んでいる方が多いのです。

女性の場合、妊娠、出産、生理、ホルモン分泌などの影響から腰痛になる方がほとんどです。そのため女性は女性特有の腰痛を持つようになります。

ここでは女性特有の腰痛についてご紹介させて頂きます。

 妊娠と腰痛

妊娠による腰痛は多くの方が経験します。これは約7割くらいの方が妊娠の腰痛を経験するといわれています。妊娠による腰痛を感じる時期は妊娠初期、中期、後期と人それぞれです。そして痛みの感じ方も違い、強く痛みを感じている場合は夜寝ることさえ困難な場合があります。

妊娠による腰痛の種類として大きく分けると腰の部分に痛みを感じる方と腰の下お尻の辺りに痛みを感じる方がいます。

この妊娠による腰痛の原因として考えられるのは妊娠することでお腹が大きくなり腰が反るような姿勢、いわゆる反り腰の姿勢になることで腰痛を発症します。

この反り腰の姿勢が続くことで腰の筋肉に疲労が溜まるようになります。この疲労が筋肉に蓄積されると腰の痛みとなって出てくるのです。

また妊娠によりホルモン分泌が盛んになります。この時、リラキシンというホルモンが分泌でてきます。このリラキシンは筋肉や靭帯を緩める作用があり、これが関節を不安定にさせるため骨盤が歪み腰痛を発症させるのです。

これにより寝返り、起き上がる、立つ、座る、歩く時などの動作によって腰痛を感じるのです。

そして、妊娠すると体重は必然と増えてきます。この体重の増加によって妊娠の腰痛が起こることが考えられるのです。

 産後の腰痛

産後に腰痛を感じている方が多いのではないでしょうか? 出産前は何も感じなかったのに産後から腰痛が発症した方は少なくはありません。産後に腰痛を感じた方は産後直後、あるいは産後日数が経ってからかもしれません。

産後から腰痛が起こる原因として骨盤の歪みと家事、育児による疲労からです。

産後骨盤は出産したため大きなダメージを受けています。そして出産の際に歪んでしまった骨盤や柔らかくなって不安定になった骨盤が腰痛の原因になります。出産してもリラキシンはまだ分泌されています。これにより骨盤は固まることが困難で不安定です。

このような状態で過ごしていると腰に負担がかかり、腰痛を引き起こすようになるのです。

次に産後から休む間もなく家事・育児に追われる日々になります。赤ちゃんを抱っこ、おんぶ、おむつを替える、掃除、洗濯など様々なことが日常で起こります。この時の姿勢や疲労が腰に負担をかけることも少なくはありません。

このように産後から腰痛が発症した方は腰痛が起こる原因が必然とあります。そのため産後の骨盤を改善しておくことが症状を緩和することになるのです。

 生理と腰痛

生理と腰痛は密接な関係にあります。女性なら一度は生理の時に腰痛を経験しているかもしれません。この生理による腰痛はだるく痛みは辛いものでこの痛みが非常に強い場合は動くことさえ困難になります。

では生理になるとどうして腰痛が起こるのでしょうか?それは子宮の問題、血液循環の問題、ホルモン分泌の問題があります。

まず子宮の問題です。生理の時に子宮は収縮して血液を外へ押し出そうとします。この時に子宮の位置が悪かったり、子宮が収縮する弾力性がなければ、それが生理の腰痛として発症してきます。

次に血液循環の問題です 生理になると大量を血液を排出しなければなりません。この時に骨盤内の血液循環がスムーズに循環していなければ、血行障害になりこれが生理の腰痛となって生じてくるのです。

そして、ホルモン分泌の問題です。生理の時、黄体ホルモンが分泌されるとプロスタグランジンというホルモンが一緒に分泌されるようになります。このプロスタグランジンは子宮を収縮させる働きをします。

これが何らかの原因で過剰に分泌されると子宮の収縮や血液循環が悪くなりその結果、腰痛が引き起こされるようになるのです。

この3つの問題は骨盤の歪みがあると起こる場合があります。そのため骨盤を改善していくことでこの3つの問題が解消されることで生理の腰痛を軽減することができます。

 婦人科疾患と腰痛

婦人科疾患から腰痛が起こります。これは女性特有の婦人科疾患が原因の腰痛です。婦人科疾患から腰痛が起こる病態として、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣脳腫、月経困難症などがあります。

これらは子宮、卵巣などの内臓に何らかの異常があるとこれが表面化して腰痛を感じるようになるのです。

この婦人科疾患から起こる腰痛はその原因が起きている内臓に対して何らかの対処が必要になってきます。そのためこの婦人科疾患から起こる腰痛は専門の場所で早急に診て頂くことをお勧めいたします。


ハルモニア鍼灸整骨院ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島市中区上八丁堀7-8-2F
TEL 082-225-6181
Mail
 info@nakatomo-shinkyu.com